ラツィオ3発快勝 森本は負傷で招集外

[ 2011年12月6日 10:48 ]

<ラツィオ 3-0 ノバーラ>CKから頭で先制弾を決めたビアヴァ
Photo By スポニチ

 イタリア・セリエA第14節の1試合が5日に行われ、ラツィオはホームでFW森本貴幸の所属するノバーラを3-0で下した。

 試合はラツィオが優位に展開すると、前半16分にCKからDFビアヴァが頭で決めて先制。同23分には、右サイドFKから主将FWロッキが頭で合わせて、ラツィオが前半を2点リードした。

 後半27分、ロッキがクロスをダイレクトで叩き込み、試合を決定づけた。ラツィオは3試合ぶりの勝利で、首位ユベントスと勝ち点差4の4位につけている。

 森本は11月18日に右膝半月板の手術を受けて、復帰に向けて調整中で招集外だった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年12月6日のニュース