サンダーランド逆転負け 新監督がスタンド観戦も

[ 2011年12月5日 11:35 ]

 イングランド・プレミアリーグ第14節の2試合が4日に行われ、オニール新監督の就任が発表されたサンダーランドはアウェーでウルバーハンプトンと対戦し、1―2の逆転負けを喫した。

 成績不振でブルース監督を解任したサンダーランドは、オニール新監督がスタンドから見守る中、後半7分にDFリチャードソンのゴールで先制に成功。しかし、後半28分に獲得したPKをGKヘネシーに防がれると、直後にFWフレッチャーに同点弾を決められる。さらに、同36分に再びフレッチャーに決められて逆転された。試合はこのまま終了し、サンダーランドは17位に後退した。

 もう1試合はストーク・シティーがアウェーでエバートンを1―0で下した。ストーク・シティーはリーグ戦2連勝で8位に浮上した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年12月5日のニュース