故・松田さんに功労選手賞…姉が母のメッセージ代読

[ 2011年12月5日 20:52 ]

大型スクリーンに映し出された、功労選手賞を受賞した故松田直樹さん

Jリーグ・アウオーズ

(12月5日 横浜アリーナ)
 8月に日本フットボールリーグ(JFL)松本山雅の練習中に心筋梗塞で倒れ、34歳で亡くなった松田直樹さんに功労選手賞が贈られた。姉の真紀さんが出席し記念の盾などを受け取った。

 真紀さんはやや目を潤ませながら「サッカー人生を突っ走った息子に、身に余る賞を頂き、本当にありがとうございます」と母の正恵さんのメッセージを代読した。

 また横浜などで活躍した三浦淳寛さんも同賞を受賞。「関係者、サポーターのみなさん、どんな時も自分を犠牲にして支えてくれた妻に感謝したい」とあいさつした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年12月5日のニュース