G大阪にフェアプレー賞 退任の西野監督「今後もこの精神を」

[ 2011年12月5日 20:28 ]

Jリーグ・アウオーズ

(12月5日 横浜アリーナ)
 フェアプレー賞を受賞したのはG大阪。今季限りで退任する西野監督は会場の大きな拍手に迎えられて壇上に立ち「今後もG大阪はこの精神を持って戦ってくれると信じている」とあいさつした。

 フェアプレー個人賞は、ともにリーグ戦34試合に出場して1度も警告、退場がなかった梁勇基と太田。梁勇基は「東日本大震災があった特別なシーズンでチームが過去最高の4位になり、この名誉ある賞をいただけて光栄」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年12月5日のニュース