高木善 先発オランダデビュー!開始53秒でミドル放つ

[ 2011年12月5日 06:00 ]

トゥエンテ戦の前半、移籍後初出場し競り合うユトレヒトの高木善朗

オランダリーグ ユトレヒト2-6トゥエンテ

(12月4日)
 ユトレヒトのMF高木善朗は4日、ホームのトゥエンテ戦で移籍後初出場を果たした。高木は4―3―3の左ウイングで先発し、開始53秒でミドルシュートを放つなど積極的なプレーで存在感を示した。

 しかし、チームは一瞬の隙を突かれ、前半に2失点、後半に3失点を喫した。しかも後半20分には相手ファンが爆竹を鳴らして試合が一時中断。試合は再開されたが、高木は後半24分に交代。チームは2-6で敗れた。

 またフィテッセのDF安田理大もホームのRKC戦に右サイドバックで先発フル出場、4-0の勝利に貢献した。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年12月5日のニュース