岡崎フル出場も得点できずドロー…槙野は出番なし

[ 2011年12月5日 06:00 ]

ケルン戦で競り合うシュツットガルトの岡崎(中央)

ブンデスリーガ シュツットガルト2-2ケルン

(12月3日)
 シュツットガルトの日本代表FW岡崎慎司が3日、ホームのケルン戦にフル出場した。中盤の左サイドに入り、攻撃に絡む場面もあったが、得点はできず試合も2―2のドローに終わった。

 「使ってくれれば、いつかは覚醒できると思う」。そう話していたが、クラブでは10月15日のホッフェンハイム戦を最後にゴールから遠ざかっている。またケルンのDF槙野智章はベンチ入りしたが、出場機会はなかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年12月5日のニュース