岡ちゃん11位!昨年の代表監督ランク

[ 2011年1月7日 06:00 ]

 国際サッカー歴史統計連盟は6日、世界86カ国の批評家らによる2010年代表監督ランキングを発表し、W杯南アフリカ大会で日本を16強に導いた岡田武史監督(54)が11位に入った。

 昨年は上位25人に入らなかったが、W杯で同じく16強に進出した米国・ブラッドリー監督、スロバキア・バイス監督と同ポイントでランクイン。1位にはW杯優勝のスペイン・デルボスケ監督、2位はW杯3位のドイツ・レーブ監督、3位はW杯準優勝のオランダ・ファンマルバイク監督が選ばれた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年1月7日のニュース