ポストに嫌われ アーセナル痛い引き分け

[ 2011年1月7日 06:00 ]

 イングランド・プレミアリーグは第22節の7試合が5日に行われアーセナルとマンチェスターCの上位対決は0―0の引き分けに終わった。チェルシーはDFボシングワのオウンゴールでウルバーハンプトンに0―1で競り負け、リバプールはブラックバーンに1―3で完敗。前節9位から12位に転落した。

 【アーセナル0―0マンチェスターC】アーセナルはホームで引き分け、消化が1試合少ない首位マンチェスターUとの勝ち点差が4に広がった。勝ち点2差で追うマンチェスターCを相手に優位に試合を進めたが、前半に2本のシュートがポストに嫌われるなど運にも恵まれず、相手の守備を最後まで崩せなかった。上位対決とはいえ白星を逃したベンゲル監督は「GKが時間をかけてキックしていたことや選手が倒れて時間稼ぎをしていたことを見ると相手は0―0で満足なのでは」と皮肉った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年1月7日のニュース