ザック監督“個人授業”香川らを対話で指導

[ 2011年1月7日 06:00 ]

<アジア杯日本代表練習>練習前、香川(右から2人目)と話し込むザッケローニ監督

 【日本代表練習】ザッケローニ監督がピッチ上で個別指導を行った。6日の練習前に香川と話し込み、全体練習終了後には遠藤、長谷部のダブルボランチ、本田、内田、伊野波、藤本と次々と対話。身ぶり手ぶりを交えながら通訳を介して熱弁した。関係者によると、この日は非公開で主力組と控え組に分けて紅白戦を敢行。指揮官はゲームの中で見えた課題や9日の初戦で対戦するヨルダンの情報などを選手に伝えていた。

 長谷部は「ヨルダンの戦い方や選手の特徴を教えてくれた」と説明。内田は「サイドの守備は縦に行かせずにライン際に追い込むように指示を受けた」と証言した。トップ下での出場を熱望していた香川は「監督から“今は左だけど、そのポジションでも結果を出さないといけない”と言われた」と指摘を受けたことを明かした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年1月7日のニュース