安田がフィテッセ入団会見「海外でプレーが夢だった」 

[ 2011年1月7日 23:24 ]

 サッカーのオランダ1部リーグ、フィテッセへ移籍したDF安田理大(23)が7日、オランダのアーネムで入団会見に臨み「昔から海外のクラブでプレーするというのが夢だった。勝利に貢献するようなプレーをしたい」と抱負を述べた。背番号は16に決まり、8日からチームに合流する。

 Jリーグ1部(J1)G大阪で活躍してきた攻撃的なサイドバックの安田は、メディカルチェックを受けた後、契約を結んだ。フィテッセの印象は「何より若いチームで、野心もある」と説明し、香川真司(ドルトムント)ら海外で活躍する日本選手の名を挙げて「彼らに刺激されたのは間違いなくある」と話した。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年1月7日のニュース