400クラブにW杯分配金 最高額はバルセロナ

[ 2011年1月7日 01:18 ]

 国際サッカー連盟(FIFA)は6日、昨年のワールドカップ(W杯)南アフリカ大会に出場した選手の所属する400クラブに、総額4千万ドル(約33億2千万円)の分配金を割り当てると発表した。初めての試みで、2014年のW杯ブラジル大会では7千万ドルを分配する予定。

 最高額は86万6267ドル(約7200万円)のバルセロナ(スペイン)で、2位はバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)、3位はチェルシー(イングランド)だった。分配金は出場32チームの736選手の大会参加日数にとって算定された。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年1月7日のニュース