日本代表を狙え!バイエルンが9日の初戦視察

[ 2011年1月7日 06:00 ]

<アジア杯>日本代表戦を視察する可能性があるルンメニゲ・バイエルンM社長

 アジア杯は7日(日本時間8日未明)に開幕する。9日の1次リーグ初戦でヨルダン代表と対戦する日本代表は6日、ドーハ市内で非公開の紅白戦などを行い調整したが、ドイツの強豪バイエルン・ミュンヘンの幹部が、そのヨルダン戦を視察する可能性が出てきた。ドルトムントのFW香川真司(21)の活躍により、ドイツ国内では日本人の評価が急上昇。バイエルンMも日本人獲得に向けて日本代表をチェックする方針という。

 バイエルンMは現在ウインターブレークを利用してカタール・ドーハで合宿を行っている。関係者によると、バイエルンMの幹部が9日の日本―ヨルダン戦の視察を検討しているという。チームは9日にカタールを離れるが、幹部はそのまま残り日本代表をチェックする方向で調整している。

 元西ドイツ代表FWで欧州年間最優秀選手(バロンドール)にも2度選出された往年の名ストライカー、カール・ハインツ・ルンメニゲ社長(55)も合宿に同行しており視察に参加する可能性がある。たまたま同じ場所に滞在している偶然が重なったとはいえ、日本人選手に対する高い評価の表れだといえる。

 昨年夏にC大阪から移籍し前半戦のリーグMVPに輝いたMF香川の活躍でブンデスリーガでは今、空前の日本人ブームが起こっている。MF長谷部、DF内田らもチームに貢献しているため、各クラブが日本人獲得を模索している。

 冬の移籍市場でもMF細貝がレバークーゼン経由で2部アウクスブルクに移籍、DF槙野がケルンに加入した。ドイツ・リーグ所属の日本人は過去最多の6人に上る。さらにFW岡崎のシュツットガルト移籍も秒読み。ケルンはC大阪のFW乾に触手を伸ばしている。

 そんな中、名門バイエルンMも日本人獲得に向けて動きだした。ヨルダン戦では、既に補強リストに名前を加えている香川の状態を確認するのはもちろん、新たなタレントの発掘ももくろんでいる。

 ルンメニゲ社長は現役時代にインテル・ミラノでプレーした経験もありイタリア語が堪能。「欧州の主要リーグでプレーできる若手はたくさんいる」と語っているザッケローニ監督に助言を求めることも考えられる。優勝を目指す上で大事な初戦ヨルダン戦。欧州屈指の名門が視察に訪れることで選手のモチベーションはさらに高まるはずだ。

 ▽バイエルン・ミュンヘン 1900年にミュンヘンで創設。リーグ戦22回、ドイツ杯15回優勝はそれぞれ最多。74~76年には皇帝ベッケンバウアーや爆撃機ゲルト・ミュラーらを擁して欧州チャンピオンズ杯(現欧州CL)で3連覇を達成。ホームはアリアンツ・アレナで収容6万9901人。昨季はリーグ戦とドイツ杯で2冠を達成し、欧州CLで準優勝。

 ▼ヨルダン代表 アジア杯出場は04年中国大会以来、2度目。中国大会では準々決勝進出を果たした。近年は若い世代の育成に力を入れており、今大会は07年U―20W杯出場メンバーが中心。ハマド監督は04年アテネ五輪で母国イラクを4強に導き、同年のアジア最優秀監督に選ばれた実績を持つ。FIFAランクは104位。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年1月7日のニュース