×

真央 最終滑走は吉兆?昨年の四大陸選手権は圧勝

[ 2014年2月18日 05:30 ]

記者会見で笑顔を見せる浅田

ソチ五輪フィギュアスケート女子

 2010年バンクーバー五輪の女子SPでは5人ずつが6組に分かれ、計30人が出場。浅田は5組2番目、全体22番目に滑り、直後の23番目がキム・ヨナだった。

 30番目の最終滑走は安藤美姫。SPはキム・ヨナが78・50点の世界最高得点で首位、浅田は73・78点で2位につけた。また、浅田は昨年の四大陸選手権SPで抽選によって最終滑走となったことがあるが、自己2番目(当時)のハイスコアとなる74・49点を出して首位発進。フリーでも1位の得点を出して圧勝した。

続きを表示

「北京五輪」特集記事

「パラリンピック」特集記事

2014年2月18日のニュース