×

葛西父が祝福「価値あるメダルだ」、姉も「亡くなった母親も喜ぶ」

[ 2014年2月18日 11:50 ]

 ジャンプ団体で銅メダルを獲得した葛西紀明選手(41)の父利紀さん(72)=北海道名寄市=は自宅のテレビで観戦、「体調が万全ではない選手もいる中、4人が支え合って取った価値のあるメダルだ」と祝福した。姉紀子さん(44)=同=も「亡くなった母親も泣いて喜んでいるはずだ」と話した。

 試合後のインタビューで涙を見せた葛西選手。利紀さんは「泣いている姿を見たのは初めて」という。放火に巻き込まれた母幸子さん=当時(48)=を1997年に亡くし、翌年の長野五輪では金メダルを取った団体メンバーから外れた。「今までのつらかったことが全部込み上げてきたのだろう」と思いやった。

 妹久美子さん(36)は肺炎をこじらせるなどして入院中だが、個人と団体の二つのメダルについて「何よりも病気に効くと思う」と利紀さん。「若手のメンバーから兄のように慕われる場面も見られてうれしかった」とリーダーとしての責任を果たした姿も振り返った。

続きを表示

「北京五輪」特集記事

「パラリンピック」特集記事

2014年2月18日のニュース