×

最下位で入れ替え戦へ「平昌五輪への戦いは既に始まっている」

[ 2014年2月18日 22:38 ]

 最下位に終わったアイスホッケーの日本女子は来年の世界選手権1部出場資格を懸けた入れ替え戦に回ることになった。

 相手は、ことし4月に開催される同選手権2部の1位チーム。飯塚監督は「最低7位を死守したかったが、仕方ない。しっかり準備するしかない」と受け止めた。

 ソチ五輪では2012年の世界ランキング上位6チームが先に出場権を得た。世界選手権での戦いが、次の五輪の出場権争いにも影響してくる。同監督は「平昌五輪への戦いは既に始まっている。世界のトップ8から置いていかれないよう、今まで以上の強化が必要」と話した。

続きを表示

「北京五輪」特集記事

「パラリンピック」特集記事

2014年2月18日のニュース