×

鈴木、宮崎組28位で4回戦進めず ジャマイカは最下位

[ 2014年2月18日 00:54 ]

男子2人乗り3回戦 ゴールした鈴木(右)、宮崎組

 ソチ五輪ボブスレー男子2人乗りで、日本の鈴木寛(北野建設)宮崎久(大倉山藍田学舎)組は3回戦を終えて29組中28位に終わり、上位20組による最終の4回戦に進めなかった。

 ロシアAのアレクサンドル・ズブコフ、アレクセイ・ウェエボーダ組が首位をキープ。ジャマイカのウィンストン・ワッツ、マービン・ディクソン組は最下位。

 ▼鈴木寛の話 悔しいという一言に尽きる。タイムが出ていないので大きなことは言えないが、そんなに悪い滑りではないと思った。この悔しさを4人乗りにぶつけたい。

 ▼宮崎久の話 仕事ができていない。この舞台で全然勝負ができなかった。もっとできると思っていた。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「北京五輪」特集記事

「パラリンピック」特集記事

2014年2月18日のニュース