×

【AJC杯】アンティシペイト 馬なりのまま鋭くはじけて2馬身先着!国枝師「反応が良かったね」

[ 2022年1月20日 05:30 ]

3頭併せで追い切るアンティシペイト(左)(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 アンティシペイトは僚馬2頭とWコースへ。三浦を背にしてリズム良く道中をクリアすると、最後は馬なりのまま鋭くはじけた。最内からキングスウェイ(3歳新馬)に2馬身先着。国枝師は「内から反応が良かったね。先週よりもいい。前回は前でかかってしまったので、今回は相手に合わせた競馬をしたらいいと思う。中山も実績があるので大丈夫でしょう」と期待した。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2022年1月20日のニュース