×

【若駒S】グランディア 操縦性増した、陣営「レースに集中して能力を発揮できるようなら」

[ 2022年1月20日 05:30 ]

川田を背にCWコースにて3頭併せで追い切るグランディア(左)(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 クラシックにつながる3歳オープン「若駒S」(22日、中京10R)は今年も好素材がそろう。年明けに平場1勝クラスを勝ち上がったグランディア(牡=中内田)は川田を背にCWコースへ。新馬ヴィスパメンテを先行させ、内から併せる形で並んでゴール。しまい重点で6F83秒4、ラスト1F11秒2を馬なりで刻んでみせた。福永助手は「コントロールが利きやすくなった様子。中京芝2000メートルは2戦2勝と相性のいい条件。レースに集中して能力を発揮できるようなら」と連勝を狙っていく。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2022年1月20日のニュース