×

【東海S】ハヤヤッコ快走で勝利の美酒を!?国枝師もニヤリ「池添初起用がミソだな」

[ 2022年1月20日 05:30 ]

併せで追い切るハヤヤッコ(手前)(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 【東西ドキュメント・美浦=19日】20日は暦の上で大寒。「美浦トレセンって東京より寒いっすね」。筑波おろしにコートの襟を立てて震える新米記者・渡辺の前を今週の出走予定馬が次々とトップスピードで駆け抜けていく。かじかむ手が調教ゼッケン表をめくり終わらないうちに蹄音が遠ざかっていくが、ハヤヤッコ(東海S出走)だけはすぐに分かった。雪のように白い馬体がWコースを疾走する。併せたガンダルフ(4歳2勝クラス)の外で馬なりのまま併入。「ヤッコは夏に味わう酒のアテネタだぜ」と長老記者の梅崎は笑うが、新米は湯豆腐の白を連想した。

 「気分屋で成績が安定しないが、池添初起用がミソだな。いろいろな手で馬の力を引き出すジョッキーだから。それに前走の重量59キロから56キロ、右回りから左回りに替わるのもいい。一発あるかもよ」と国枝師はニヤリ。今日は「甘酒の日」。真冬に最も飲まれていることから森永製菓が大寒を記念日とした。甘酒のような白い馬体が躍れば甘酒よりも甘い穴馬券を味わえる!?

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2022年1月20日のニュース