【クイーンS】マジックキャッスル自信!落ち着き十分、大人の走りで小回り対策万全

[ 2021年7月29日 05:30 ]

函館競馬場で追い切ったマジックキャッスル(手前)(撮影・千葉茂)
Photo By スポニチ

 国枝厩舎の牝馬勢はアーモンドアイの引退後も強力ラインアップ。マジックキャッスルはドナアトラエンテの外で余力たっぷりに併入した。「前走(ヴィクトリアマイル)よりもフレッシュな感じ。いつになく落ち着いている。状態がいいので府中牝馬S(10月16日)から始動する予定を繰り上げたぐらいです」と手綱を取った鈴木助手は満面に笑みを浮かべた。

 備えあれば、憂いなし。初の函館コースに備えて狭い内馬場でコーナリングの練習を重ねてきた。「器用に走っているし、問題ない。ラストの脚がここでは1枚上だと思う」と続けた。昨年の秋華賞2着、今年のヴィクトリアマイル3着とG1でも銀、銅メダルを獲得。愛知杯では重賞の金メダルも手中にした。「戦ってきた相手が違う。(G1戦線で活躍する同厩舎の)カレンブーケドールクラスの馬だし、負けられない一戦。普通にレースをすれば力が違う」と自信を隠さなかった。

続きを表示

「オールカマー」特集記事

「神戸新聞杯」特集記事

2021年7月29日のニュース