【浜松】鈴木健 機力軽快「出たとこ勝負で頑張りたい」

[ 2021年7月29日 05:30 ]

 地元の実力者、鈴木健吾が厳しい勝ち上がり条件をクリアした。1着勝負の3日目5R準決勝戦Bは3車並びの10線6枠から先行。1車ずつ追い上げて逃げる鈴木辰を猛追すると、最終周回3コーナーでインに切れ込んで逆転した。「2日目は台風の(影響による)湿気で合わせ切れなかったけど、いつもの感じに戻った」。走路温度57度の熱走路でもマシンは軽快だった。「(優勝戦の)夕方の時間帯はトルクがもう少し欲しいので探っていく」。スタートを切れたのは好材料で「出たとこ勝負で頑張りたい」と意気込んだ。

続きを表示

「2021 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2021年7月29日のニュース