【クイーンS】シゲルピンクダイヤ ラスト半馬身先着で陣営も手ごたえ「力的には十分に勝負になる」

[ 2021年7月29日 05:30 ]

 シゲルピンクダイヤは函館Wコースでラヴィエント(3歳未勝利)と併せ馬、ラストで半馬身出てフィニッシュ。5F68秒6~1F12秒3を計時した。「先週やっているので、しまい重点という指示。息遣いも悪くなかったですね。函館に来てからも落ち着いていますね」と野元助手。1勝馬ながら桜花賞2着、秋華賞3着と地力は十分に持っている。「力的には十分に勝負になると思います」と18年11月以来のVへ前を向いた。

続きを表示

「2021 秋華賞」特集記事

「府中牝馬S」特集記事

2021年7月29日のニュース