【新潟JS】コウユーホクト ソフトな仕上げ、竹内師「このメンバーに入ってもやれるはず」

[ 2021年7月29日 05:30 ]

 京都ハイジャンプ5着コウユーホクト(牡6=竹内)はポリトラックコースで最終追い。最後まで馬なりながらキビキビとした走りで駆け抜けた。時計は5F68秒9~1F12秒2。竹内師は「年齢の分なのか、前走は休み明けを使った上積みがそこまで感じられなかった。その分、今回はソフトな仕上げで状態は前回よりいいと思う。前走は4コーナーの障害でミスもあった。このメンバーに入ってもやれるはず」と意気込んでいた。

続きを表示

「2021 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2021年7月29日のニュース