【関越S】ウインイクシード 直線のみ強めに、鈴木伸師は好感触「馬は元気」

[ 2021年7月29日 05:30 ]

ショーヒデキラ(左)と併せ追い切るウインイクシード(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 重賞連対の実績もある実力馬ウインイクシード(牡7=鈴木伸)はWコースで併せ馬。直線は強めに追われてショーヒデキラ(5歳2勝クラス)を追いかけた。最後は1馬身ほど遅れてフィニッシュ(6F83秒8~1F11秒8)。鈴木伸師は「いつもほどピリッとしなかったけど、馬場が渋って走りづらかったのもある。函館記念は除外になったが、こっちに戻ってきても馬は元気」と好感触を得ていた。

続きを表示

「2021 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2021年7月29日のニュース