グランアレグリアは天皇賞・秋から始動 シュネルマイスター&グレートマジシャンは毎日王冠へ

[ 2021年7月29日 05:30 ]

 安田記念2着後、放牧中のG1・5勝馬グランアレグリア(牝5=藤沢和)は天皇賞・秋(10月31日、東京)から始動することが28日、決まった。前哨戦を挟まず直行。サンデーレーシングが発表。芝2000メートルは3走前の大阪杯4着以来2度目の参戦となる。現在は福島県のノーザンファーム天栄で調整を進めている。

 また今年のNHKマイルC覇者で前走・安田記念3着シュネルマイスター(牡3=手塚)、ダービー4着グレートマジシャン(牡3=宮田)はともに毎日王冠(10月10日、東京)で秋初戦を迎えることが決まった。

続きを表示

「セントライト記念」特集記事

「ローズS」特集記事

2021年7月29日のニュース