【皐月賞1週前追い】エフフォーリア迫力満点の動き!主戦・横山武も絶賛

[ 2021年4月8日 05:30 ]

<皐月賞>3頭併せで追い切るエフフォーリア(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 「第81回皐月賞」(18日、中山)の1週前追い切りが7日、美浦、栗東トレセンで行われ、デビュー3連勝で共同通信杯を制したエフフォーリア(牡=鹿戸)が迫力満点の動きを披露。無敗皐月賞獲りへ前進した。

 「凄くしなやかです。乗っていても素晴らしいし、動画を見ても沈み込む感じでダイナミック。体の使い方がうまい」。主戦・横山武が絶賛したWコースでの併せ馬。2馬身先行したマイネルミュトス(5歳2勝クラス)を馬なりのまま内から半馬身かわした。5Fは65秒8。「デビュー前から素質を感じていたし、レースセンスが高い。G1でもやれると思っています」と同騎手は自信を隠さない。鹿戸師も「デビュー当時は弱くてレースを使うと疲れたり腹痛を起こしたりして、回復に時間がかかった。でも、今ではすっかり丈夫になったので何の心配もない。筋肉にメリハリがついてどんどん成長している」と満足そうに語った。

続きを表示

「2021 皐月賞」特集記事

「中山グランドJ」特集記事

2021年4月8日のニュース