【阪神牝馬S】マジックキャッスル、出色の総仕上げ 国枝師「いい筋肉がついた」

[ 2021年4月8日 05:30 ]

追い切りを行うマジックキャッスル(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 マジックキャッスル(牝4=国枝)が出色の動きを見せた。単走追いの総仕上げ。気負いひとつ見せずにWコースをリズム良く駆け抜けた。5F67秒7。国枝師は「元々、落ち着きのある馬だが一層、落ち着いている。少し体重は減っているが、いい筋肉がついた」と仕上げに太鼓判を押す。

 愛知杯に続く重賞連覇が懸かる一戦。「距離が短くなるがマイルでも流れてくれれば面白い。しまいを生かす競馬で結果を出してヴィクトリアマイル(5月16日、東京)につなげたい」と手応えを膨らませていた。

続きを表示

「2021 皐月賞」特集記事

「中山グランドJ」特集記事

2021年4月8日のニュース