【桜花賞】エンスージアズム、余力たっぷり併入 安田翔師「久々叩いて良くなった」

[ 2021年4月8日 05:30 ]

<桜花賞>CWコースにて併せ馬で追い切るエンスージアズム(左)(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 エンスージアズムはCWコースでシュレンヌ(3歳1勝クラス)と併せ馬。馬なりで6F85秒5~1F12秒2を刻み、余力たっぷりに併入した。安田翔師は「久々を叩いて動きは良くなりました。間隔が空くよりも使った方がいいタイプですから」と好調をアピールする。休み明けの前走フラワーCは中団から差して2着。「まだ成長途上ですが、だいぶ幼い面は解消してきた。意外性のある馬。この相手にどれだけやれるか」と意気込んだ。

続きを表示

「2021 皐月賞」特集記事

「中山グランドJ」特集記事

2021年4月8日のニュース