【桜花賞】メイケイエール理想的な調教!折り合い重視でぐんぐん加速

[ 2021年4月8日 05:30 ]

<桜花賞>CWコースにて単走で追い切るメイケイエール(手前)(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 理想的な調教だった。メイケイエールはCWコースで半マイルから追い切り。前半、折り合い重視で3コーナー過ぎから徐々にペースを上げ、直線に入ると馬なりで加速して4F51秒2~1F12秒1でゴールへ。スピード感ある走りで、いかにも具合が良さそう。3週続けて追い切り騎乗した武英師が感触を伝えた。

 「一度使ってガス抜きができたし、予定通り。先週の時点で使える状態だったけど、G1なのでキッチリ仕上げました。見るからに良くなっていますよ」

 前走チューリップ賞は控える競馬を試みて5番手を追走したものの道中、他馬に囲まれてスイッチオン。早め先頭の厳しい展開になりながらも1着同着に持ち込み、地力を示した。「反省点は多かったけど、何とか勝ってくれました」。武豊がケガで休養中のため、横山典と新コンビを結成する。「馬の気持ちを最優先にしてくれる方なので感性に任せるつもりです」と名手に一任。4カ月前(阪神JF4着)の忘れ物を取りに行く準備は整った。

続きを表示

「2021 皐月賞」特集記事

「中山グランドJ」特集記事

2021年4月8日のニュース