【桜花賞】シゲルピンクルビー、落ち着き首差先着 渡辺師「落ち着きもあって感触良かった」

[ 2021年4月8日 05:30 ]

<桜花賞>坂路でプレアヴィヒア(左)と馬体をぶつけあって追い切られたたシゲルピンクルビー
Photo By 提供写真

 一昨年2着の姉(シゲルピンクダイヤ)超えを狙うシゲルピンクルビーは渡辺師自ら手綱を取り、坂路で併走追い。プレアヴィヒア(3歳未勝利)からのプレッシャーを受け止め、4F55秒2~1F12秒7で首差先着。渡辺師は「落ち着きもあって感触は良かったです。お姉ちゃんと比べて余計なストレスがないタイプ」と話す。ただ、気になるのは1Fの距離延長。しかも今回は外回り。「やはり距離が課題になりますね。操縦性の良さでどこまでやれるか」と語った。

続きを表示

「2021 皐月賞」特集記事

「中山グランドJ」特集記事

2021年4月8日のニュース