【七夕賞】ラヴ“秋夏制覇”福島重賞2勝目 49歳内田は2週連続V「あと20年は頑張るよ」

[ 2020年7月13日 05:30 ]

<七夕賞>レースを制したクレッシェンドラヴ(左から2頭目)(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 サマー2000シリーズの第1戦「第56回七夕賞」が12日、福島競馬場で行われた。内田博幸(49)騎乗の3番人気クレッシェンドラヴが、直線競り勝って昨秋福島記念に続く重賞2勝目。当地巧者ぶりを遺憾なく発揮した。また、10年ぶりに阪神で行われたダート重賞「第25回プロキオンS」は5番人気のサンライズノヴァが59キロの重量をものともせず差し切り勝ち。G1ホースの貫禄を見せつけた。

 福島を得意とする人馬のコンビが混戦を制した。クレッシェンドラヴはダッシュがつかず、後方からの競馬を余儀なくされた。それでも内田は慌てない。「スタート次第で先行しようと思っていたが、思ったより前に行けなかったので、切り替えて馬場のいい所を通ろうと思った」。向正面でゴーサイン。4角で馬場のいい外へ殺到する他馬を尻目に、その内をスムーズに進出して一気に先団に取り付いた。

 外から伸びたブラヴァスとの追い比べでは、追えるウチパクの本領発揮。重の荒れた馬場も、6カ月ぶりのレースも、トップハンデの57キロもものともせず、1馬身差をつけてVゴール。内田は「馬場は問題ないと思っていたが、ここまで器用にこなすとは」と驚きを隠さなかった。

 クレッシェンドラヴは昨秋の福島記念に次いで2度目の重賞制覇。福島の古馬牡馬重賞をコンプリートした。内田は先週のラジオNIKKEI賞(バビット)に続いて2週連続重賞V。福島での重賞5勝は現役2位タイと、こちらも“巧者”だ。「一つ一つのレースをしっかり頑張っていれば、必ずチャンスはくると思って乗ってきた。上位人気のお手馬で勝てたのは大きい。たまには年配のジョッキーが勝つのもいいでしょ。あと20年は頑張るよ」。49歳のベテランは笑った。

 18年に開業した東大卒のエリートトレーナー、林師も2度目の重賞制覇。「テンションが高かったのがどうかと思ったが、内田さんがうまく返し馬をしてくれて落ち着かせてくれました。半年ぶりでもこの競馬。年を重ねて肉体も精神もしっかりしてきました」と目を細めた。

 サマー2000シリーズの開幕戦を制し、秋には大舞台への参戦も見えてきた。師は「オーナーサイドと相談になりますが、賞金が増えたことで選択肢は広がりました。1度使ってガス抜きができたし、次が楽しみ。本場(主要4場)でもしっかり結果を出さないと」と気を引き締めた。馬名のようにクレッシェンドが「だんだん強く」なってきた。

 ◇クレッシェンドラヴ 父ステイゴールド 母ハイアーラヴ(母の父サドラーズウェルズ)牡6歳 美浦・林厩舎所属 馬主・広尾レース 生産者・北海道新ひだか町の木村秀則氏 戦績22戦7勝 総獲得賞金1億8840万4000円。

続きを表示

この記事のフォト

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年7月13日のニュース