【阪神新馬戦】テイエムマジック快勝!今後未定も鈴木孝師「芝よりダートかな」

[ 2020年7月13日 05:30 ]

<阪神6R・2歳新馬>後続を振り切り勝利するテイエムマジック(左)。この勝利で松山騎手はJRA通算700勝を達成 (撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 阪神6R新馬戦(ダート1400メートル)は2番人気テイエムマジック(牡=鈴木孝、父マジェスティックウォリアー)が好位から抜け出して快勝。松山はJRA通算700勝のメモリアルゴールを刻んだ。「スタートも良くて乗りやすい。指示通りに反応してくれました」と松山。鈴木孝師は「調教もしっかり。緩いところがあるのでまだ良くなる」と目を細めた。今後は未定だが「かき込んで走るので芝よりダートかな」とダート路線を視野に調整されるようだ。 レース結果

続きを表示

「セントライト記念」特集記事

「ローズS」特集記事

2020年7月13日のニュース