【七夕賞】2着ブラヴァス 道悪でも粘った「力をつけている」

[ 2020年7月13日 05:30 ]

<七夕賞>2着でレースを終えたブラヴァス(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 7番人気のブラヴァスは直線半ばで先頭に立ったが、クレッシェンドラヴの末脚に屈して2着。鞍上・福永のJRA全10場重賞制覇は持ち越しとなった。「道悪適性の差が出た感じ。こちらは道悪が得意じゃないけど、よく頑張ってくれた」とパートナーをねぎらう福永。友道師は「負けたとはいえ、力をつけているし、賞金を加算できたのは大きい。今後もサマー2000シリーズを歩んでいければ」と語っていた。 レース結果

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年7月13日のニュース