【いわき平・サマーナイトF】真備 念願の初V!碧衣連勝24で止めた「お世話になった方々に恩返しを」

[ 2020年7月13日 05:30 ]

優勝し賞金ボードを手にする高木
Photo By スポニチ

 昨年の別府大会の借りを返した。高木の見事な完全Vだった。打鐘4コーナーで口火を切った梅川。一気にスピードが上がる。この時、高木は児玉の後ろ、4番手だった。「先まくりかカマシを考えていたけど、児玉さんの前受けは想定外だった。脚をためてチャンスを狙った」。頭は冷静だった。直線、先に先頭に立った石井。迫る児玉。その外から黒いジャージーが矢のように伸びた。高木が念願のガールズフェスティバル初優勝を手にした。

 悔しさをバネにした。昨年の大会では初戦1着も2走目に落車。最終日まで走り切れなかった。続く名古屋オールスターのガールズドリームでも落車。心身ともダメージを負った。気持ちを立て直し、練習に打ち込んだ。直前の富山で今年9回目の完全Vを飾ってリズムを上げ、リベンジの舞台へ。初日から力強いまくりを連発。状態の良さはピークを迎え、ついに24連勝中の児玉を倒した。

 「昨年悔しい思いをした分、今年はビッグを勝ってグランプリに乗るのが目標でした。グランプリを絶対に勝って、お世話になった方々に恩返しがしたい」。まだ、目標を1つクリアしただけ。真備の戦いはここからが本番だ。

 ◆高木 真備(たかぎ・まきび)1994年(平6)8月17日生まれ、東京都町田市出身の25歳。文化学園大杉並高卒。通算497戦283勝。通算取得賞金は8309万円。趣味はお菓子を食べること。1メートル61、63キロ。血液型A。

続きを表示

「2020 スプリンターズS」特集記事

「オールカマー」特集記事

2020年7月13日のニュース