【三国・全国ボートレース甲子園】戦い終えて

[ 2020年7月13日 05:30 ]

 ▼吉川元浩(2着)敗因はスタート。完全に後手に回ってしまった。状態は変わらず良かったと思う。

 ▼萩原秀人(3着)目いっぱい伸びに寄せたのに、気象条件に合わせられず仕上がらなかった。スタートタイミングは想定通り。

 ▼今垣光太郎(4着)1Mは、おっと思った。仕上がりは優勝戦が一番、良かった。出足は重かったが、いいグリップがあった。

 ▼瓜生正義(5着)足は気候なりに合わせられた。いい感じだったと思う。

 ▼田村隆信(6着)乗りやすさがあっただけで、やっぱり足の差があった。

続きを表示

「セントライト記念」特集記事

「ローズS」特集記事

2020年7月13日のニュース