【東京新馬戦】波乱の幕開け!伏兵ウインアグライアが関東一番星

[ 2020年6月7日 05:30 ]

ウインアグライアでレースを制した横山武
Photo By 代表撮影

 ダービーからダービーへ。コントレイルの無敗2冠の熱狂が冷めやらぬ中、6日に東西で2歳新馬戦がスタート。東京5R(芝1600メートル)は、単勝万馬券(109・3倍)の伏兵ウインアグライア(牝=和田雄、父マツリダゴッホ)が優勝した。未勝利で現役を終えた母ウインアルテミスの初子。雑草娘が良血馬を蹴散らして、関東の一番星に輝いた。

 好スタートから道中は3番手。直線では内に進路を取って脚を伸ばす。いったんは外のブエナベントゥーラに前に出られたが、ゴール前でグイッともうひと伸び。首差前に出てゴール板を駆け抜けた。3着にも人気薄サンハーリンゲンが入って、3連単は41万690円の大荒れとなった。殊勲の横山武は「調教ではまだ完成にほど遠い感じもあったが、実戦向きのタイプで反応が良かった。成長途上でこれだけのパフォーマンス。今後が楽しみ」と驚きの表情で振り返った。新馬開幕週の東京マイル戦の勝ち馬からは17年ステルヴィオ、18年グランアレグリア、19年サリオスとG1馬が続けて誕生。和田雄師は「調教では目立たなかったけど実戦で追われて良さが出た。今後は馬の様子を見ながら進めていきたい」と展望を語る。大波乱の立役者アグライアが約束された出世街道を歩み始めた。

続きを表示

この記事のフォト

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年6月7日のニュース