【馬券顛末記】アーモンドアイの8冠を阻止、圧倒的な強さでグランアレグリアが新マイル女王に輝く!

[ 2020年6月7日 16:44 ]

安田記念を制したグランアレグリア(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 ふらふら…。足が重い。理由は前日の飲み過ぎ。完全な二日酔いだ。浴びるほどお酒を飲んでいた一方で、東京はどしゃ降りだったらしい。朝の東京芝は重馬場と発表。昼前にやや重まで回復した。

 予想通りハナを切ったのは大外枠のダノンスマッシュ。断然人気のアーモンドアイは中団に控えた。前半3F34秒2の平均ペース。直線に入るとグランアレグリアがあっさり抜け出して先頭へ。経済コースを立ち回ったインディチャンプ、外から追い上げたアーモンドアイを寄せつけず、一気に突き放した。終わってみれば2着アーモンドアイに2馬身半差をつけて完勝。二日酔いが吹っ飛んだ。強すぎる。このひと言に尽きる。圧倒的な強さでグランアレグリアが新マイル女王に輝いた。当方の本命◎ダノンプレミアムは…。直線で早々にバテて13着。見せ場なく馬群に沈んだ。春G1新企画「TT戦隊ヤング予想バトル 当たルンジャー」。TT戦隊からはレッド高木が先週のダービーに続き、馬連(5)―(11)、ワイド(6)―(11)を的中した。

 来週から早くも函館開催が開幕。気持ちを切り替えて…。この言葉、何度目?ただ、振り返っても仕方ない。前を向かないと。この借りは上半期最後のG1宝塚記念で返す!

 さて、仕事も終わったので帰りますか。反省会やな。梅田で一杯やってきます。(田村 達人@阪神競馬場)

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年6月7日のニュース