【阪神新馬戦】ダディーズビビッド、2番手から差し切りV 武豊「乗り味がいい」

[ 2020年6月7日 05:30 ]

粘るウインメイユールをゴール前で捕らえ勝利するダディーズビビッド(右) (撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 阪神5R(芝1600メートル)は、世代最初の新馬戦は6番人気ダディーズビビッド(牡=千田、父キズナ)が2番手からメンバー最速タイの上がり3F34秒4で差し切った。武豊は「仕上がっていない感じだったが、乗り味がいい。今日は能力だけで勝ってくれた。先々が楽しみだね」と主戦を務めたキズナ産駒での一番星に笑みがはじけた。千田師は「体は幼いけどいい動きをしていた。ジョッキーも“能力があるし、マイルぐらいがいいのかな”と言ってくれた。ゆっくりと成長を待ちたい」と話し、次走は明言しなかった。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年6月7日のニュース