【阪神新馬戦】アスコルターレV 新種牡馬ドゥラメンテ産駒がJRA初勝利 松山「着差以上に強い」

[ 2020年6月7日 15:30 ]

<阪神5R・2歳新馬>後続を振り切り逃げ切るアスコルターレ(左)。新種牡馬のドゥラメンテ産駒は中央初勝利 (撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 阪神5R新馬戦(芝1400メートル)は1番人気のアスコルターレ(牡=西村、父ドゥラメンテ)が逃げ切りでデビュー勝ちを決めた。父ドゥラメンテ産駒はJRA初勝利。今年の新種牡馬で一番乗りを果たした。

 松山は「(1)番だったので、ハナに行く競馬をしました。着差以上に強い競馬でしたし、いいスピードを持っている。成長すればもっと良くなると思います」と評価。この後はいったん放牧へ。

 西村師は「ドゥラメンテ(産駒)は距離が長いところをイメージしていたが、この馬はスピードがあって、少し違う感じ。ただ、千二という感じはないので、距離は延びても大丈夫でしょう」と今後の活躍に期待をふくらませた。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2020年6月7日のニュース