【鳴尾記念】2着ラヴズオンリーユー 大接戦も…M・デムーロ「残念」

[ 2020年6月7日 05:30 ]

ゴール前でラヴズオンリーユーとの叩き合いを制し勝利するパフォーマプロミス(奥)(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 1番人気ラヴズオンリーユーは直線外から末脚を伸ばしたが、パフォーマプロミスとの首の上げ下げで2着。M・デムーロは「残念」と肩を落とす。「勝った馬は内にいて楽だった。僕の馬が先に出ていたけど…」と悔しさをにじませた。矢作師は「相手は休み明けだし、54キロでスパッと抜けられないあたりまだ本調子でないのだろう。秋まで休ませます」と話した。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「函館記念」特集記事

2020年6月7日のニュース