【安田記念】(5)アーモンドアイ 万全で東京入り

[ 2020年6月7日 05:30 ]

アーモンドアイの馬体を見る国枝師(左)(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 アーモンドアイは大一番に向け、土曜の午前4時半に美浦トレセンから東京競馬場へ出発。同6時29分に東京競馬場へ到着し、いつも通りに厩舎周りの運動で調整を終えた。愛馬を送り出した国枝師は「朝の雰囲気も変わらない。心配ない」と穏やかな表情を浮かべた。前走・ヴィクトリアMでは圧巻V。中2週も引き続き好調を維持しており、師は「東京マイルは競馬のしやすいコース。少々のことでも挽回できる」と自信をのぞかせる。スタート直後のアクシデントが響き、3着に敗れた昨年のリベンジを果たす。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年6月7日のニュース