【東京新馬戦】“12冠ベビー”ベントゥーラ2着 レーン「次は良くなる」

[ 2020年6月7日 05:30 ]

レースを制したウインアグライア(右端)、2着のブエナベントゥーラ(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 父母合わせて12冠のブエナベントゥーラ(牡=堀)はまさかの2着に敗れた。父はG1・6勝の新種牡馬モーリスで、母は11年ジャパンCなどG1・6勝のブエナビスタ。戦前から素質を高く評価され、単勝1・5倍の圧倒的1番人気の支持を受けたが、勝ちきることはできなかった。騎乗したレーンは「反応は良かったけど、1頭さらに上の瞬発力を持った馬がいましたね。これがいい経験になって、次は良くなると思います」と前向きに話した。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年6月7日のニュース