【スレイプニルS】クラージュ押し切りV ルメール「競馬が上手になった」

[ 2020年6月7日 05:30 ]

レースを制したエルデュクラージュ(右)(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 東京メインのスレイプニルSは3番人気のエルデュクラージュが2番手から押し切った。前走から重量3キロ増だったが、ものともせずにオープン連勝。ルメールは「競馬が上手になった。大きなフットワークで走る馬で、そのまま押し切れた。スタミナもある」と評価。池添学師は「夏場は弱いのでこの後はひと息入れたい。今後は交流重賞も視野に入れつつ、暮れのチャンピオンズC(12月6日、中京)を目指したい」と語った。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年6月7日のニュース