【フィリーズR】5番人気エーポスがV 桜花賞優先出走権を獲得

[ 2020年3月15日 16:08 ]

ゴール前で差し切ったエーポスと馬上でガッツポーズの岩田康誠騎手 (撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 桜花賞トライアル「第54回フィリーズレビュー」(G2、芝1400メートル)は15日、阪神競馬場で行われ、岩田康騎乗の5番人気エーポス(牝3=、父ジャスタウェイ)が優勝、重賞初勝利を飾った。勝ちタイムは1分21秒0。

 中団に位置取りレースを運んだエーポスは、最後の直線でじわじわと先頭集団に接近。ゴール前で一気に差し切って初の重賞制覇を決めた。

 1馬身1/4差の2着に2番人気のヤマカツマーメイド、さらに1/2馬身差の3着には12番人気のナイントゥファイブが入った。3着馬までが桜花賞の優先出走権を獲得した。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年3月15日のニュース