【金鯱賞】ミスターX サトノソルタス◎ここで大物食いの予感

[ 2020年3月15日 05:30 ]

 昨年の最優秀3歳牡馬サートゥルナーリアの走りが注目を集める金鯱賞(中京11R)だが、◎サトノソルタスの大駆けに期待したい。3歳時にはクラシック路線でも注目されていた逸材。脚部不安で1年2カ月の長期休養を強いられたが、復帰後叩かれつつ上昇。2走前で勝利をつかむと、前走・中日新聞杯では見せ場たっぷりの5着。直線で進路が窮屈になる場面がありながらも上位勢に食らいついた。

 森助手は「G2で相手も強くなるが、通用する力はある」と素質を高く評価する。状態面については「休み明けとしてはいい状態で力を出せる仕上がり」ときっぱり。前走から着用しているブリンカーの効果もてきめんで、ここで大物食いの予感がする。(8)から(2)(4)(6)(7)(10)。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年3月15日のニュース