【金鯱賞】1番人気サートゥルナーリアが圧勝 重賞4勝目

[ 2020年3月15日 15:52 ]

金鯱賞を制覇したサートゥルナーリア (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 古馬中距離重賞の「第56回金鯱賞」(G2、芝2000メートル)は15日、中京競馬場で行われ、ルメール騎乗の1番人気サートゥルナーリア(牡4=角居、父ロードカナロア)が優勝、重賞4勝目を飾った。勝ちタイムは2分1秒6。

 18年ホープフルS、19年皐月賞とG1・2勝を誇るサートゥルナーリア。最後の直線で先頭に浮上すると、そのまま後続を突き放して人気に応えた。

 2馬身差の2着に8番人気のサトノソルタス、さらに3/4馬身差の3着に6番人気のダイワキャグニーが入った。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年3月15日のニュース