【阪神新馬戦】1番人気アンジェロフィリオが大差勝ち 松山「スムーズに行く形だった」

[ 2020年3月15日 05:30 ]

直線で突き放し大差勝ちするアンジェロフィリオ (撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 阪神4R(ダート1800メートル)は、逃げた1番人気のアンジェロフィリオ(牡=大久保、父キンシャサノキセキ)が後続を突き放して大差勝ち。松山は「スムーズに行く形になった。ソラを使う(気を抜く)余裕があったので最後まで気合をつけた」と振り返った。母のきょうだいにトールポピーやアヴェンチュラ、フサイチホウオーがいる血統で先が楽しみだ。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年3月15日のニュース