菜七子が調教再開 20日実戦復帰へ回復順調「感覚に変化なし」

[ 2020年3月15日 05:30 ]

14日に調教騎乗を再開した藤田菜七子はアースドラゴンに騎乗
Photo By スポニチ

 2月15日の小倉競馬で落馬し、左鎖骨を骨折した藤田菜七子(22=根本)が14日、美浦トレセンで調教騎乗を再開した。馬場が開場した午前4時、自厩舎のアースドラゴン(牡4)にまたがり調教コースへ。角馬場で脚を慣らし、Aコースをキャンターでゆったりと周回。この日の騎乗はこの1頭のみだった。

 調教を終え、「久しぶりの調教だったのでほんの少し緊張しましたね。骨折した鎖骨に違和感はありませんでした。ケガをする前と感覚に大きな変化はなかったし、大丈夫です」と安ど。「日曜(15日)も自厩舎の馬に乗るつもりです」と20日の実戦復帰へ向け順調な回復ぶりをアピールした。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年3月15日のニュース