【山桜賞】コンドゥク豪快差し切りV ヒューイットソン「距離が延びても大丈夫」

[ 2020年3月15日 05:30 ]

雪の降る中山競馬場で、山桜賞を制したL・ヒューイットソン騎乗のコンドゥクシオン (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 中山9R、3歳1勝クラスの山桜賞は4番人気コンドゥクシオンが後方から豪快に差し切った。ヒューイットソンは「この馬は今日のような濡れた馬場(重馬場)が大好き。ラストまでしっかり脚を使っていた。距離が延びても大丈夫」と笑顔。中舘師は「切れる脚はないけど長くいい脚を使える」と語った。今後は青葉賞(5月2日、東京)を視野に入れて調整する。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年3月15日のニュース