【フィリーズR】傾向と対策

[ 2020年3月15日 05:30 ]

 過去10年の結果から傾向を探る(19年は1着同着)。

 ☆前走 1勝クラスからの臨戦が最多5勝で【5・3・5・54】。率では前走G1組が【2・3・3・18】と抜きんでており、実績馬を軽視するのは危険。新馬・未勝利組はやや苦戦。

 ☆人気 1番人気【2・3・0・5】、2番人気【2・1・2・5】、3番人気【3・0・0・7】と上位勢が好成績。ただし、6~9番人気が【3・3・4・30】と毎年のように馬券に絡んでおり中穴勢に警戒。

 ☆馬格 460キロ以上が7勝で勝率、連対率ともに高い。スピードとパワーが求められ、小柄な馬は割り引きが必要。

 結論 ◎ヤマカツマーメイド ○カリオストロ ▲ヴァラークラウン

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年3月15日のニュース